2012年06月11日

頭痛の種類診断

命の危機のある頭痛は見ましたか?

もし見て当てはまらないのならここで
あなたの頭痛の種類を分類しましょう

あなたの頭痛の種類がわからなければ
対処の仕方も見つかりません。

頭痛の対処に大切なことは頭痛の種類にあった正しい対処なので
まずは簡単な診断で種類を特定してみてください。
頭痛の種類は主に三種類あるのでそれぞれの頭痛の症状の質問をしてみます。

偏頭痛・片頭痛編
・日常的な動き(階段の上り下りなど)で頭痛がひどくなったり、
止まっていたほうが楽な時がある。

・頭痛と一緒に普段は気にならない音が嫌になることがある

・頭痛とともに光がまぶしくなったりする
頭痛とともに吐き気、時には吐くことがある。
・4~72時間頭痛が続く

以上です。どうですか?
質問が二つ以上当てはまるのなら片頭痛の疑いがあります。

緊張型頭痛編
・じわーとした痛みまたは、重い痛みを感じる

・午後以降に痛みが大きくなる

・精神的ストレスやためやすい、またはパソコンなどを使う仕事をしている。

・体をあまり動かすことがない。

・体のだるさも伴う

・吐き気や目の前がちかちかしたりはしない。

これらの症状に会う人は緊張型頭痛である可能性が高いです。

群発性頭痛編
・特定の期間、季節の変わり目などに頭痛が起こりやすい

・夜間に起こりやすい

・頭痛とともに顔が赤くなったり、目の充血、涙や鼻水が出たりする。

・短い頭痛が一日に何回も起こる

・たばこを吸っている、または煙がダメ

・片方の目の奥が激しく痛む

・毎日きまった時間に頭痛が起こる

これらの症状が当てはまるのならおそらく群発性頭痛でしょう。

もし、どれにも当てはまらないという人は
後頭神経痛である可能性もあります
耳の後ろが痛む人へを見てください。

どうでしたか?
自分の頭痛のタイプを確かめることはできましたか?
ではそれぞれの症状の原因や対処の仕方について学んでいきましょう。


命の危機のある危険な症状

頭痛なら大丈夫と軽く見てしまう人も多いそうです。
しかし、頭痛の中には命の危険を脅かすものもあるということを覚えておいてください。

今から紹介する症状や特徴に覚えがあるのなら病院へ行って精密検査をすることをお勧めします。症状が重くわかりやすいとも思いますが一度チェックしてみてください。

・脳卒中
ある日突然殴られたような痛みが出て時には意識を失ってしまう。
前兆として頭痛を経験することもある。
頭痛以外にも嘔吐や意識障害、けいれんなどの症状もあります。

・脳腫瘍
脳腫瘍では腫瘍が時間とともに大きくなり脳を圧迫、それにより頭痛が起きます。
だんだんと連続的に起きるようになり、嘔吐も伴います。
せきやくしゃみなどで痛みが強まるという特徴を持ちます。
また、目がえぐられるような痛さを伴うなど個人差が大きいです。

・神経痛
顔全体に電気が走るような痛みを感じる変わった病気です。
顔が痛むのですが原因が脳という変わった病気です。
特徴的なのですぐにわかります。
違う病気なのですがあごや頸椎に痛みを感じる場合も危ないです。

・外傷後の頭痛
頭を強く打った数か月以内に頭痛やけいれん、麻痺といった症状が現れた場合迅速な受信をしてください。

・脳感染症
この病気は頭痛のほかに、高熱、嘔吐めまいの症状も同時にでてきます。
また痛みが東部全体に広がることも特徴です。

まとめ
・鎮痛剤が効かない
・どんどんひどくなる
・今までにない激痛
・手足のしびれ、ろれつが回らなくなる
・意識が遠のく
・発熱も伴う
以上の症状も危険ですので気を付けてください。
これらの症状は比較的わかりやすいので大丈夫だとは思いますが
頭痛を甘く見ないでこれらの症状に近いものがあったら受診することをお勧めします
posted by クニ at 22:40| Comment(0) | 命の危険のある症状 | 更新情報をチェックする

片頭痛の対処法

ではこれから片頭痛の対処法について話していきます。

ここで話すことはあくまで応急処置でしかないので、
気を付けてください。

片頭痛が血管の拡張によって引き起こされることはお話ししました。
なら、血管が拡張する原因になりえることをしなければいいのです。

発生する前の予防法を具体的に言っていくと

・毎日三食しっかりと食べる、寝不足、寝すぎを回避する。
空腹により血糖値の低下が頭痛の原因となることがあります。
しっかり三食食べましょう。特にビタミンB2とマグネシウムは効果があるといわれています。
今、朝食を抜くなどの習慣のある人はしっかりと食べてください。
また、生活習慣の乱れも頭痛の原因となってしまいます。

.マグネシウムについて
実は片頭痛もちの40~50%はマグネシウム不足だといわれています。
マグネシウムを摂取しろと言われても難しい人もいるでしょう。
そこで、このサプリメントがおすすめです
1週間のお試しセットがあります。
また1週間では短いと思う方は1か月試してみください。
↓ ↓ ↓




・頭痛薬を多用しない
ほかのところでも説明しましたが頭痛薬を多用してしまうと
ほかの頭痛の原因となってしまい、より複雑な頭痛を引き起こしてしまいます。
気を付けてください。

・原因となる食材を取らないようにする
原因となる食材の代表例はチョコレート、お酒特に赤ワイン、チーズなどが
あげられます。
しかし、人によって違いも出てきます。
もしも、ある特定の食べ物を食べて頭痛が起こったのなら、
その食べ物が誘発させている可能性が高いです。

・カマをとる
女性の場合月経が原因となることがあります。
生理前後の数日間、一日二回飲むといいです。

・ハーブをとる
ハーブに含まれている成分は頭痛に効果があるといわれています。
実際に片頭痛が収まった人もいるようです。
こちらのハーブを一度見てください。
↓ ↓ ↓
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZT6F9+74LW1U+1LFS+61RIB

・サングラスをしてみる
強い光も頭痛の原因となります。サングラスをしてみてはどうでしょうか。

どんなに頭痛の予防をしていても片頭痛が起こってしますことはあります
そこで、頭痛が起こった時の応急手当のしかた話していきます。

・痛むところを冷やす
血管の拡張を防ぎ、頭痛の緩和に効果があります。

・コーヒーや緑茶を飲む
コーヒーなどには片頭痛に効果があるそうです。
しかし、普段の生活の中ではできるだけ飲まないほうがいいです。

・静かで暗い部屋で一眠りする
眠れなくても静かで暗い部屋で横になると
いくらか楽になります。それが無理なら、椅子に座って安静にしてください。

・こめかみあたりを押さえる
こめかみの近くにはツボがあって
そのツボは頭痛に効果があるとされています。
緊急時には押してみてください。

ここでお話したことは予防、緊急対処法ですが
完全に治すことは難しいでしょう。

中には時間の経過とともによくなっていく人もいますが
長年頭痛に悩んできている人もいるそうです。

こちらのお話をおすすめします
30年間片頭痛に苦しんでいた人がの
頭痛を治した人がいます。

有料ですが完全返金保証もついていますし安心してお試しください。

ほかの人の体験談もありますので一度見てみてください

こちら
↓ ↓ ↓
posted by クニ at 19:49| Comment(0) | 片頭痛の原因・対処 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。