2012年06月12日

好ましくない対処法

みなさん頭痛が起こった時、自分なりの対処法、または予防法を持っている人もいるかもしれません。

しかし、中には絶対にしてほしくない対処法、予防法があります。

1鎮痛剤、その他薬の乱用

頭痛が起こり我慢できないほど痛くなり鎮痛剤や薬を飲むということも少なくないと思います。

ここで注意しておいてほしいことは、

市販の薬は頭痛を治すものではない

ということです。

あくまで、市販の薬は症状を軽減するもので頭痛を治すことはできません。
さらに、毎日飲んでいると効果が薄くなってきてさらに薬を飲むという悪循環に陥ります。

もう一度言いますが

市販の薬は頭痛を治すものではありません

病院でもらった薬についてはお医者さんの話をよく聞き
言われた回数、時間帯にしっかりと飲んでください。


乱用というのは毎日2~3回薬を飲むようなことを言います。
乱用を行うと薬の乱用による新しい頭痛を誘発することがありいます。

頭痛を治すには根本的な原因を明らかにして対処していく必要があります。

もうすでに大量の薬を手放せなくなってしまっている人もいるでしょう。
薬をやめる成功率としては、徐々に減らすという方法よりも

いっきに薬をやめるほうが成功率が高いそうです。

また、薬を飲むこと自体は悪いことではないので
どうしても我慢できなくなってしまったなら飲んだほうがいいです。
乱用だけは気を付けてくださいということです。

薬の正しい飲み方
少し多めの水で飲んでください。
間違ってもコーヒーやアルコール類で飲むことは絶対にやめてください。
場合によっては毒性の物質に代わることもあります。

また空腹時をなるべく避けて飲んでください。

薬に注意に書いてあることはしっかりと呼んで服用してくださいね。

2カフェインの過剰の接種
コーヒーが頭痛にいいという話を聞いたことはありませんか?

中にはこれを聞いて毎日コーヒーを飲むようになった人もいるかもしれません。
しかし、コーヒーのカフェインを取りすぎると頭痛の原因になってしまう可能性があります。

コーヒーの正しい飲み方は

頭痛のしているときに飲む

ことです。

ただし鎮痛剤などの薬を飲んでいる場合はコーヒーを飲まないでください。
カフェインの取りすぎとなってしまいます


普段の生活の中ではコーヒーを飲むことをなるべく控えましょう。

3症状にあっていない対処
これから頭痛の種類ごとの原因・対処法を伝えていきますが、
片方では大丈夫なことでももう片方ではしてはいけないこともあります。
自分の頭痛の種類をしっかりと把握して正しい対処をしてください。
posted by クニ at 11:24| Comment(0) | 好ましくない対処法 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。